[WordPress] プレビューやログイン状態を判定する方法

プレビュー状態の判定とログイン判定

WordPress で、プレビュー状態で記事を表示しているかどうか、ログインされている状態かどうかを判定する方法をまとめます。

ログインされている状態やプレビュー表示の場合には、アクセス解析を行わないためなど、条件によって制限を設けるのに使います。(例: プレビューでは、Google Analytics を読み込まない)

is_preview関数でプレビュー状態の判定

is_preview()

is_preview 関数を使うことで、プレビュー状態の表示判定を行えます。以下こちらから引用。

現在表示されているポスト、ページ、またはポストタイプがプレビューであるかどうかをチェックします。これは、プレビュークエリ値の値を返すブール関数です。この値は、フロントエンドページに対してtrueまたはfalseです。

ユーザーログイン判定

is_user_logged_in()

is_user_logged_in 関数を使うことで、ユーザーログイン状態の判定を行えます。ログインしていればTrueを返します。

そのほかいろいろな判定用の関数

上記ページに、Wordpressで使えるさまざまな条件分岐用の関数がまとめられています。色々と勉強になりました。

参考URL